読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴールデンスランバーの評価♪

激安
WIKIを読むと、「現実の問題っていうのはもっともやもやしていてシンプルなものではない。シュールです。舞台は「仙台」になっていますけど!印象としては近未来の日本に似た某国!という感じです。

これっ♪

2017年02月27日 ランキング上位商品↑

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー [ 伊坂幸太郎 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

すっごいおもしろかったです。管理社会に一石を投じています。最初から伏線だらけで気を抜いて読めません。映画にもなった伊坂幸太郎さんの作品です。話としては楽しめたし、作品として評価が高いのも頷けるけれど、人に勧めるか悩む。権力なんてくそくらえ!!と思います。年のせいか、性悪的な、例えば桐野夏生さんの小説を読むとしばらく気分がすぐれないことに……。映画もぜひ見たいです。終始追われている状況!主人公に絡む色々な人物と!忙しい展開の中にも丁寧な物語を作りこんでおり面白かったです。そのせいか!殺人容疑の逃亡者なんていうただならぬお話なのに!意外とカラリとした印象です。帯に書いてある通り。小説を読んでいて、勿論細部は違うのだが映画の場面を思い出したりしながら読みすすめることが出来て楽しかった。ストーリーの先が読めそうで!まったく読めない。とても面白かったです。伊坂幸太郎むちゃくちゃハマってますが、あんまりこれは楽しめなかった。久しぶりに、こういうジャンルの本を読みました。先が気になって一気に読んでしまいました。ラストまでだれる部分がなくイッキに読めた感じです。けれども、「文学」してるっていうことではなく筆力で読ませるエンタテーメントです。先に映画を見ていなくてもこの作者の作品は読んでいると映像が頭に浮かんでくるような文章でとても読みやすいのだけど。構成が斬新で、登場人物の主観がコロコロと変わるのですが、まったく読みづらくなく、テンポが良くて面白い。夜に注文して!2日後に郵便受けに投函されていました。映画みてませんが!最近読んだ中では一番頭のなかに映像が浮かんできた小説でした。そんな本でした。ハラハラドキドキでちょっと洒落たお話でした。是非読んでファンになって下さい。結末も納得いくもので、読後感もスッキリ。映画は観ていません。すばらしいです。解決は最初から問題外という感じ。首相暗殺の濡れ衣を着せられた平凡な主人公が!旧友らに助けられ逃げ惑うストーリー。まさに天才的で!ささいなひとコマも!つまらないエピソードも全て見逃せない。先に映画を見ていると、原作を読むことで映画の中で少し「ん?」と思っていた部分の補完が出来たのも良かった。待つ必要がないので!本屋で購入するより良いかも(本屋だと!つい!本命以外の本も衝動買いしてしまうので)。原作には文章だからこそ表現できる面白み、映画には映像だから伝えられる面白みがそれぞれあって満足です。ザーッと読んでしまうタイプの自分なのですが、もう一回見逃した伏線もありそうなので、じっくり読みたいです。疾走感はあるけれど、爽快感は無く。『重力ピエロ』を読み、気になった作者さんだったので購入。一気に2回読みましたが伏線につぐ伏線。最後に主人公を放りっぱなしにし、その後の展開を空想させる。おすすめ!文庫本が出るのを待っていたので購入しました。本の概略のストーリーは知っていますが、文章体を楽しんで読んでいます。救いようがない感じではなかったのも、後味が悪くなくて良かったです。初伊坂作品。ストーリーが大きく!最後に至るまでの展開がまったく読めなかったのですが!力作と思える小説です。ケネディ暗殺になぞらえたような事件がおき!いきなり犯人として名指しされ逃亡を余儀なくされる主人公‥ モトカノや旧友も登場し!はたまた別の事件の犯人まで彼の手助けをします。この著者の作品をもっと読みたくなりました。小説の映像化というのは先に原作を読んでいたら色々と不満な点がある・・・という経験は自分でもしてきたけれどこれはどうだったのだろう。今までは!そのもやもやをせめて小説の中では払拭したいという気持ちがあったが!世の中は本当はそうじゃないということはちゃんと知っているという事を読者に知ってもらいたかったから」と!この作品あたりから勧善懲悪的な傾向がなくなっているとありますが!それでも「人は本来優しいもの」という作者の気持ちが出ている作品のように思います。メール便は不在がちな私には大変助かる配送システムです。本の評価は人によって好き好きがあるので難しいですが!ストレスなく一気に読めます。逆だったらちょっと不満に感じたのかも。キャラが主人公の父親をはじめ、みんな立ち位置がブレていなくて、判断が爽快。伏線が回収されていく過程を楽しむ作品であって!謎解きを楽しむ作品ではありません。その点!伊坂さんの小説は安心です。疾走感にあふれています。全体のからくりは特に隠すようなところはありません。アメリカ映画風のプロットですが!内容はもっと繊細です。映画が面白かったので購入しました。なので、大々的に謳われている『首相暗殺事件』に期待していると拍子抜けすると思います。6時間かかった;『重力ピエロ』と同様に、胃のあたりに何かが残ったような、というのが読後の感想です。私的にラストが納得いかなかったので☆4です。本筋も面白いがないより!大量に張られた伏線がすごい。先に映画を見て、原作が文庫化されたということで購入。これは面白かったです。これだけ広げたストーリーがいったいどう収束するのだろうと最後の最後まで結末の予想もつきませんでした。読んでいてハラハラしました。得意の伏線をばらまきながらストーリー展開し!終盤に其れをさらっていく…痛快です。暗殺事件の謎ときと思って読んではいけません。「あー、そうなの…」という。。後半になると!何度もニヤリとしてしまうほどです。